100%野菜ジュースで栄養を補うと、逆に太る!?

理学療法 体質改善

こんにちは!

理学療法士として働き、

美容サロン経営をしております“ちゃん”と申します!

「野菜を食べる代わりに野菜ジュースを飲むようにしています!」

こういった方は多いのではないでしょうか?

野菜ジュースは甘くて飲みやすく、

時間をかけずに飲むことができるため、

忙しい中で、非常に重宝しますよね!

しかし、もちろん野菜ジュースでなく、

野菜をしっかり食べた方が何倍も体にいいです。

むしろ、野菜ジュースばかりに頼ってしまうと、

逆に太りやすい体質になってしまう可能性だってあります!

なぜそうなってしまうのか!?

さっそく本題に入っていきます!

“果汁”がたくさん入っている!

野菜ジュース、とっても甘くて美味しいですよね!

しかし、考えてみてください…

野菜を絞っただけで、あんなに甘いジュースができあがるでしょうか?

健康を考えて、「野菜汁100%」と表記されている野菜ジュースを選んでいる方も多いと思いますが、

大事なのは、野菜汁果汁の割合です!

甘い野菜ジュースには、飲みやすくするために多くの果汁が使われています。

そして、その果汁の中には、

糖分がたくさん含まれています。

通常、果物には食物繊維が多く含まれており、

この食物繊維には糖分の吸収を穏やかにしてくれる働きがあります。

しかし、野菜ジュースは、

飲んだ際の口当たりを良くするために、

その食物繊維はほとんど取り除かれています…

なので、糖分が急激に体に吸収されることになってしまい、

血糖値(血液の中の糖の濃度)が急激に上がることで脂肪の付きやすい体になってしまったり、

眠くなったり、イライラしたりなど、

精神的な問題も出てきてしまいます!

内臓温度、体温が下がる!

さらに、糖分をとりすぎると、

血液がドロドロになってしまいます!

血液は栄養や酸素の他にも、熱を体全体に運ぶ働きがあるため、

血液の流れが悪くなることで、

体温が下がってしまいます!

体温が1度下がっただけで、基礎代謝が13%も下がってしまうため、

痩せにくく、太りやすい体質になってしまいます!

加熱処理で栄養が失われている!?

野菜ジュースを作る際には、殺菌のために加熱処理を行っているそうですが、

ビタミンC、食物繊維は、この加熱処理の際にはほとんど破壊されてしまうんだとか。

この説にはいくつかの考え方があり、

水には溶けやすいけど、熱で破壊されることはない、という意見もあるため、

とにかく、極力野菜ジュースに頼らず、

野菜をしっかり食べることにつきますね!

ちなみに、野菜ジュースを飲むことにもいい面があり、

リコピンやβカロテンなどの栄養素は、

加熱などをして体に取り入れた方が、

スムーズに栄養を急激に吸収してくれます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

個人的な意見としては、

もちろん日頃の食事で、野菜をしっかり食べた方がいいのですが、

ファーストフードでカロリーの高いものを食べる時や、コンビニの弁当を食べる時などに、

栄養の補助的な意味で野菜ジュースを取り入れる、というのがいいと思います!

飲みすぎ、頼りすぎが良くないのであって、

いい面だってたくさんありますからね!

では今回はこのへんで!

最後までありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました